すずさんのサイクリング日記

旅行やサイクリングを記録しています。

デカンショ街道で社まで(2021/07/17)

早朝6:00に出発し、暑くなる前に加東まで行こうとしたが、デカンショ街道にはいるとぐんぐんと気温が上昇。お昼前には、30度を超えた。社からの帰りはかなりバテバテ。

 

朝、6:00に出発。宝塚市街地で休憩をはさんで西谷への山越えを行う。

入り口はすごい斜度。

f:id:road-suzu:20210718102916j:plain

十万辻への入り口。10%を超える斜度

 

早朝なので、出勤の車が多い。

 

30分ほどかけて十万辻まで

f:id:road-suzu:20210718103228j:plain

十万辻。バス停がなくなっていた。

十万辻から暫く、下り坂が続く。

多少のぼりがあるが、ほぼ下り坂。武田尾との分かれ道で、西谷方面へ向かう

f:id:road-suzu:20210718103332j:plain

武田尾との分かれ道

西谷を経由して猪名川町へ入る

f:id:road-suzu:20210718103554j:plain

宝塚と猪名川町との境 周辺

 

猪名川町を暫く行くと大野アルプスとの分岐点。ここから長い西峠へのヒルクライムが始まる。まだ涼しいので楽。

f:id:road-suzu:20210718103726j:plain

西峠入り口

西峠。猪名川町丹波篠山市との境

f:id:road-suzu:20210718103856j:plain

西峠

西峠を下りたドライブインで休憩しようと思ったがローディーが溜まっていたのでパス。そのまま古坂峠を越えてデカンショ街道へ入る

 

f:id:road-suzu:20210718103943j:plain

丹波篠山 風景 のどか

ぐんぐん気温が上がっていく。

デカンショ街道は京都と姫路を結ぶ物流の道。大型車が走るが、車は少ない。

f:id:road-suzu:20210718104212j:plain

デカンショ街道を行く 

 

加東市にも子午線の碑がある。

f:id:road-suzu:20210718104409j:plain

加東市 子午線の碑

 

社の市街地のカフェで昼食を食べる。

イオンを探したが、ドライブインを兼ねた店で30分ほど休憩。

 

休憩後、しばらく西へ。

加古川を超えたところで、南下。小野市へ入る

 

f:id:road-suzu:20210718104528j:plain

小野市へ。そろばんの町。

f:id:road-suzu:20210718104842j:plain

小野駅

途中、小野に立ち寄り、175号線で南下していく。

f:id:road-suzu:20210718104942j:plain

道の駅 みき 単車のツーリストが数名

 

明石で実家のかたずけをしてフリージアへ向かう。

介護認定の書類が来た。ちょうど出発するところに郵便局の配達員が届けてくれた。

 

f:id:road-suzu:20210718105140j:plain

天文科学館 明石の本家本元の子午線の記念碑

本日のコース。昼からは暑い。姫路まで行く予定であったが、暑いのでコース変更。

デカンショ街道では逆方向にブルべの人が走っていた。

小野でむだに一周している。

f:id:road-suzu:20210718105229j:plain

本日のコース

 

加東市街地に入る手前の上り坂はカンカン照りでした。

おばあさんが登っていたので挨拶を交わす。

f:id:road-suzu:20210718105248j:plain

本日のコース

 

 

 

姫路までサイクリング(2021/07/03)

梅雨の雨の合間に姫路までサイクリング

海沿いを走って姫路城まで。帰りは山沿いを

 

休憩に舞子公園に立ち寄る。曇り空であるが淡路島までくっきり見える

f:id:road-suzu:20210705174331j:plain

舞子公園

 

 

明石から海沿いのサイクリングロードを通って加古川まで

f:id:road-suzu:20210705174541j:plain

神戸製鋼 加古川工場

f:id:road-suzu:20210705174725j:plain

姫路城大手門前

f:id:road-suzu:20210705174802j:plain

姫路城 桜門橋

 

大手門をくぐり抜けて本丸前広場にて

f:id:road-suzu:20210705174900j:plain

f:id:road-suzu:20210705174903j:plain

 

 

姫路城の中をサイクリング

f:id:road-suzu:20210705174907j:plain

 

 

姫路城を一周後、門前の茶店でかき氷と冷やしそうめんを食べる。

ここまで補給なし。かなりばてた。補給は大事だと。

 

加古川の北部から稲美町を通って神出へ

 

f:id:road-suzu:20210705174911j:plain

 

西神工業団地の裏を通って須磨区

 

 

性根寺

f:id:road-suzu:20210705174913j:plain

 

性根寺 本堂は? 木が1本生えているだけ

f:id:road-suzu:20210705174916j:plain

 

本堂は少し離れたところにあった。

f:id:road-suzu:20210705174920j:plain

 

白川峠を越える。今日一番の坂。

f:id:road-suzu:20210705174922j:plain

 

 

本日のコース。150kだけどかなりばてた。

補給なしで姫路まで行ったのが敗着。明石以降補給個所がないのがつらい

f:id:road-suzu:20210705174926j:plain

f:id:road-suzu:20210705174930j:plain

 

三木の新ルートを開拓(2021/06/20)

三木の田園地帯にサイクリングに行こう。

車も少なくて走りやすそうだが、山を2つ越えなくては

 

まずは再度山。10%超えの斜度が頻繁に現れる碇山までをゆっくり上る。

碇山までがきつい。足よりも先に心拍がパンクしそう。腰も痛い。

斜度がきついところはダンシングを絡めていかないと腰に来る。

ダンシングを練習しなくては。と思うけど。シッティングで登ってしまう。

 

そこから何回かアップダウンを繰り返して小部峠に到着。

標高400mまで登ったのに、

ここから箕谷まで有馬街道を230mのダウンヒル

車が多いのでかなり気を遣う。

 

そこからゆるゆると430mの岩谷峠を越えて淡河まで。

この道は車が少ないので気を使わないがズーと登りなのはきつい。

 

淡河の道の駅でキノコご飯を買って昼食休憩。

 

淡河から144,355号線を登っていく。

 

三木市に入って暫く行くと石碑を見つける。

「上田桑鳩誕生地の碑」ということだ。

f:id:road-suzu:20210622213644j:plain

上田桑鳩誕生地の碑

あとはアップダウンを繰り返し、有馬の方へ向かい船坂峠から蓬莱峡ダウンヒルして

宝塚を経由して家路につく

 

f:id:road-suzu:20210622215756j:plain

本日のコース

f:id:road-suzu:20210622215823j:plain

本日のコース

 

ホイールをZONDAに交換した。六甲山に登ってみた(2021/06/05)

TCRを購入してから付属の鉄下駄と言われたホイールを使っていた。

走りにはそんなに不満はないが、

チューブレスレディのホイールなので、とにかく、タイヤ交換がやりにくい。

30分ぐらいかかる。

硬くてタイヤレバーを使わないとはめることができない。

交換時にチューブに3回ほど穴をあけている。

新品のタイヤをつけたがチューブがパンクしてしまって、タイヤを外せないので、タイヤを切って捨てたこともある。

TCRについてたタイヤとチューブをはずして、ZONDAに取り付けた。

外すのに10分程度。つけるのには30秒ぐらい。

もうZONDAから離れられない。

 

f:id:road-suzu:20210605225345j:plain

Canpagnolo Zondaに交換した

 

ということで、市内を走って性能を確かめることに。

タイヤは同じなので、どう変わるのか

 

まず、六甲アイランドの外周道路直線では

出足の軽さは特に感じられない。直線が速く感じられるが、Wako’sのおかげかも

 

六甲大橋・HAT神戸で路面の抵抗があるところを走る。

なんとなく、2-3Kmスピードが出てる。いつもなら20kmぐらいしか出していないが、同じ調子でこぐと、23kmほどスピードが出てる。

HAT神戸はきつい向かい風なのに。

いい感じ。

 

再度山のビーナスビレッジまで登ってみた。

f:id:road-suzu:20210605232128j:plain

ビーナスビレッジ GIANCALDO

イタリア料理店

ここまでの坂がきつい

これまでより、楽に登れた。まだまだ、登れそう。

いったん山を下りて、宮本むなしで食事をした後、有馬街道を小部峠まで登って

西六甲で六甲山牧場まで。そんなにきつくない。

 

 

f:id:road-suzu:20210605232803j:plain

六甲山牧場 アイスクリーム 400円に値上がりしてた

 

六甲山牧場で休憩した後、丁子が辻まで登って表六甲で下ることに

 

f:id:road-suzu:20210605233105j:plain

丁子が辻

5k程下る

 

f:id:road-suzu:20210605233140j:plain

表六甲入口

親和の前を通り、御影の住宅地を少し登って帰路に就く

50kmで獲得標高1000m。そんなに疲れはない。評判通りの性能。

長距離が楽になりそう。

f:id:road-suzu:20210605233849j:plain

本日のコース

f:id:road-suzu:20210605233915j:plain

本日のコース

 

コースを変えて 北摂から京都へ(2021/05/29)

2週連続で京都へ向かう。

今回はコースを変えて伊丹から池田側から亀岡へ行くことにした。

423号線を行く。のどかで平坦な道だ。

f:id:road-suzu:20210531180529j:plain

伏尾付近

f:id:road-suzu:20210531180747j:plain

伏尾付近

f:id:road-suzu:20210531180810j:plain

余野川沿いを行く

水がきれい。魚のつかみ取りができそう

f:id:road-suzu:20210531181023j:plain

箕面とどろみ

新名神のジャンクション

やや斜度がある道を行く。

斜度はきつくない。順調に箕面豊能町を進むと府堺につく

ここから亀岡市だ。

f:id:road-suzu:20210531181204j:plain

大阪府京都府の境

 

亀岡市に入る。時間を見ると11:00。玉子かけご飯で有名な弁天の里に着く。

車が駐車場に多く並んでいる。ロードバイクが5台止まっている。

だいぶん早いがせっかくなので玉子かけご飯を食べることにした。

昼前なのに、店の中は多くの人で混雑している。回転が速いのですぐに席が空く。

 

f:id:road-suzu:20210531181651j:plain

弁天の里

定食(500円)とトッピングのみ

定食は、ごはん、味噌汁、生卵4個、高野豆腐のセット

こうや豆腐は食べないので、シラスをトッピング

 

弁天の里を出発し、快適に飛ばす。

道がきれいだ。

f:id:road-suzu:20210531182043j:plain

弁天の里 付近

つづらおりから亀岡を望む。田植えシーズン。

f:id:road-suzu:20210531182204j:plain

亀岡方面

亀岡市内に入る。先週と違って天気が良い。

今回は、9号線を北上し、愛宕山の西側を超えて京都に入ることにした。

f:id:road-suzu:20210531182305j:plain

ガレリア亀岡

9号線を北上して大堰橋で大堰川(おおぜきがわ)を渡って405号線を暫く走ると

水鳥が飛来する水鳥の池 平の沢池に到着。コウノトリもやってくるとのこと

渡り鳥のシーズンでないので一羽も鳥がいなかった。残念。

f:id:road-suzu:20210531182600j:plain

平の沢池

477号線に入る。きれいな道だ。ピークまで5kぐらいのヒルクライム

f:id:road-suzu:20210531183628j:plain

477号線

ゆるゆるとヒルクライムを楽しんで5kmほどの坂道を登る。

右へ行くと宕陰棚田との標識を見て、右に回って登っていく。

棚田が見えてきて、cの横を登る。あまり

きつい。ペダルが重い。

宕陰棚田の横の道はこれまでの坂と違い、12-4%の斜度が続く。

足つきなしで登れたがしばしへたりこんで休憩。

ローディが違う道から登ってくる。

さっきの道はまっすぐ行くべきだったと悟る。

f:id:road-suzu:20210531183956j:plain

越畑

しばらくダウン。棚田を眺める余裕なし。

嵯峨越畑(こしはた)と嵯峨樒原(しきみがはら)のふたつの大字で構成される。美しい棚田や茅葺き民家などで知られ、特に越畑は「京都の信州」に例えられることがある」

とのことです。

 

 

f:id:road-suzu:20210531185753j:plain

 

f:id:road-suzu:20210531185024j:plain

樒原(しきみがはら)

越畑からすぐです。

ここから、急坂を下っていきます。道も悪いのでブレーキをかなり握りながら下る。

f:id:road-suzu:20210531190432j:plain

水尾 柚子の里で休憩

水尾から3kmほど下るとJR保津峡駅。せっかくなので寄って写真に収める。

f:id:road-suzu:20210531190629j:plain

JR 保津峡駅

 

もう下ることはないと油断していたら壁のような道を登る。

下りも怖いぐらいの斜度。

 

f:id:road-suzu:20210531190751j:plain

保津峡駅からの道

ようやく、嵯峨のおちついた街並みに到着。

石畳の道がきれいに整備されている。街並みが京都らしい。

保津峡(たぶん)からのハイキングの人とすれ違う。

f:id:road-suzu:20210531190954j:plain

嵯峨の石畳の景色

ここからお寺巡りを開始。

f:id:road-suzu:20210531191456j:plain

清凉寺

豊臣秀頼首塚が祭られていました。

f:id:road-suzu:20210531191617j:plain

大覚寺 門前 (門の中)

女性が多い。人が多かったので中には入らず

 

f:id:road-suzu:20210531191724j:plain

大覚寺 門前

 

f:id:road-suzu:20210531191744j:plain

広沢の池

f:id:road-suzu:20210531191811j:plain

仁和寺

f:id:road-suzu:20210531191848j:plain

仁和寺 中庭

カップルが庭をのんびりと眺めていました。

いい雰囲気

あとは駆け足で門前の写真を撮るだけとした。

お寺を回りたいのなら山岳コースはやめてもう少し早く来なければ。

f:id:road-suzu:20210531191949j:plain

金閣寺

入りたかったが、時間がないので門を写真に収める

次回はお参りします。

 

f:id:road-suzu:20210531192102j:plain

知恩院

東山にある。前を通った記念で



f:id:road-suzu:20210531192122j:plain

八坂神社

四条河原町へ行く途中。前を通った記念で

 

四条河原町から阪急を使って帰宅。山岳あり、世界遺産ありの楽しい旅でした。

 

京都まで70kmぐらい。意外と近い。東京の時の大田区→小田原ぐらい。

まだ、遠くまで距離をのばせそう。

次回は自走で帰ってみよう。

f:id:road-suzu:20210531192425j:plain

本日のコース

f:id:road-suzu:20210531192450j:plain

山登りの記録








北摂から京都へ(2021/05/22)

阪急の株主優待券の期限が迫っているので京都の四条河原町まで行って輪行で帰ってくることにした。

 

まずは川西から173号線を登っていちのとりい駅の交差点で府道477号線へ入る

f:id:road-suzu:20210523215636j:plain

能勢電鉄 いちの鳥居駅

 

能勢電妙見口をこえると民家の数が減ってくる

アップダウンを繰り返しながら山道を行く

f:id:road-suzu:20210523220601j:plain

477号線

f:id:road-suzu:20210523215938j:plain

大槌峠付近

絶景の写真を撮っているとじっとこちらを見ている鹿を見つけた。

動かずこちらを見ている。気にせず出発。

f:id:road-suzu:20210523220813j:plain

鹿にであう

休憩のため、野間の大けやきに行くとロープで入れないようにされていた。

仕方がない。出発。

f:id:road-suzu:20210523221429j:plain

野間の大けやき

ロープで入れないようにされている。

倉垣橋から732号線(亀岡能勢線)に入って坂を登る。12-3%の傾斜が続く。

いつまで続くかわからないので少し傾斜がゆるくなったところで休憩。

5分ほど休憩がてらMafia Cityで遊ぶ。

出発するとすぐに頂上に着いた。頑張って登るのだった。

頂上を下っていくと亀岡市に入る。さらに下って423号線に合流。

次来るときは池田から423号線で来よう。

つづら折れのところから亀岡市を望む。田植えが始まって田んぼに水が張られている。

f:id:road-suzu:20210523221759j:plain

亀岡市 田園風景

 

亀岡城明智光秀丹波攻略のために造られた。

その後、1610年に大阪城攻略のために集まった西日本の大名の拠点として5層の天守閣をもつ城になったとのこと。明治維新後、廃城令で廃棄されたとのこと

f:id:road-suzu:20210523223413j:plain

亀岡城

亀岡城の後地はコロナで見学は不可となっていた。

f:id:road-suzu:20210523223434j:plain

亀岡城

保津川下りを見学しに行ったが、昨日の雨で増水し、保津川下りは中止となっていた。

f:id:road-suzu:20210523224222j:plain

保津川下り

 

亀岡を後にして、9号線で京都へ向かう。

保津川の北側に山道があるが、9号線で向かうのが無難なようだ。

9号線を暫く登り、老の坂峠を越える。

f:id:road-suzu:20210523224422j:plain

 

老の坂峠から雨がきつくなり、ゆっくりと桂まで下っていく。

桂から北上して渡月橋に到着

f:id:road-suzu:20210523224819j:plain

嵐山 渡月橋

f:id:road-suzu:20210523225047j:plain

渡月橋

コロナと土砂降りの雨で、観光客が少ない。

f:id:road-suzu:20210523225154j:plain

嵐山 渡月橋からの景色

f:id:road-suzu:20210523225231j:plain

嵐山

観光客もまばらだ。お寺の写真を撮りながら大河の舞台の二条城へ向かう

f:id:road-suzu:20210523225314j:plain

嵐山 天竜

f:id:road-suzu:20210523225403j:plain

清凉寺

f:id:road-suzu:20210523225529j:plain

大覚寺

f:id:road-suzu:20210523225632j:plain

広沢の池

f:id:road-suzu:20210523225705j:plain

二条城 門

着いたが、コロナで見学はできなくなっている。仕方ない。

周りも閑散としている。

f:id:road-suzu:20210523225819j:plain

二条城 西側

四条河原町へ向かおう。

 

いつかここから出発して東海道を東京をめざそう。

f:id:road-suzu:20210523230036j:plain

三条大橋

到着。にぎわっているが、いつもよりは人が少ない

f:id:road-suzu:20210523230148j:plain

四条河原町

阪急電鉄で岡本まで輪行

北摂→亀岡→京都で98km 900mUP。初めて通る道が多く楽しかった。

次回は、お寺めぐりをしたいと思う。

 

f:id:road-suzu:20210523230415j:plain

本日のコース

 

チェーンクリーナーで劇的に走りが変わる(2021/05/15)

父親の面倒を見ないといけなくなった。ヘルパーに買い物がうまく頼めていなくて冷蔵庫が空っぽとのことだ。買い出しや家の片づけ。ヘルパーは何をしてるんだろう。

飢え死にさせてはいけないので、食料の買い出しせねば。

明石の上の丸(地元民には高級住宅地らしい)には買い物をするところがないので駅前まで往復せねば。健康坂を重い荷物でヒルクライム

ということでTCRで向かった。

※高級住宅地には商店もコンビニもない。こんなとこには住めん。

 

2号線をしばらく走っていると、いつもとペダリングが違うのに気が付く。

軽い。ものすごく軽い。いつもよりギアを上げても全然軽い。こんなの初めて。

追い風でもない若干の向かい風なのにあっという間に30kオーバー。

更に踏み込めば、そのままスピードが上がる。

帰り道でちょっと踏み込んだら40kオーバー。

垂水の愛徳学園の壁(斜度18%)もインナーで2枚残してもすいすい登れる。

8%ぐらいの斜度ならアウターで楽に登れる。

これが、カタログに書かれていたTCRの本来の性能か と。

 

最近、TCRに何をしたのだろうと

1つめは、アウターで走行しているときに、チェーンがフロントのガイドと接触して音がするので、フロントのディレーラーを神戸のGiantStoreで調整してもらった。かなり狂っていたとのこと。アウターでの走行に支障をきたしていたのではないかと。

 

以前から音がするので、二子玉川のGiantStoreで調整してもらっていたんだが・・・

フロントのブレーキも曲がっていてまっすぐにしたとのこと。

ブレーキの利きが初期の頃に戻って今日は下りで何回かロックしそうになった。

気をつけねば。

これまで、目黒や二子玉川のGiantStoreで何回も調整してもらっていたのだが・・

メーカーのショップのメカニックの技術はどうなっているのやら。

 

2つめは、WAKOのチェーンクリーナーでチェーンを掃除した。

YouTubeのbiciamoreの人が劇的に走りが変わると言っていた。

Y’sRoadでの評価も高く、1650円でそんなに高くもないので使ってみた。

そういえば、チェーンを交換してから1回しかチェーンを掃除してない。

f:id:road-suzu:20210515220243j:plain

Wakoの誇るチェンクリーナ

使ってみると、汚れがよく落ちる。さすが高いものはちがう。

コーナンの200円のパーツクリーナとは違うのであろう。きっと。

スプロケは安いほうで掃除。汚れが落ちていく。新品の輝きはでないが、オイルのカスが取れればよいと思う。

オイルは、いつものコーナンの安いものを吹きかける。チェーンオイルは高級品を使うとかなり変わるとのことだが。使い切ったら、高級品を買おう。

 

アウターでの走りが変わったのは、フロントの調整もあるのだが

インナーを使っての登りも変わっているので、やはりチェーンクリーナーのおかげであると思う。

これからは自転車のケミカルは高級品を使うことにしよう。

 

実家に到着し、冷蔵庫の中身をチェックして駅前のスーパーで買い物。

適当に買ってきてくれと言われたので、日持ちするものと今日明日の食料とアクエリアス6本を購入。買い物かご満杯。5000円ほどになった。こんな量買ったことがない。買った後、後悔。この荷物持って坂登るんですが。ロードバイクでは持ちにくい。

 

全部で10kgぐらいの荷物を右手で持ち健康坂(平均8%の坂)を登る。

両端は溝なので、道の真ん中を登る。

後ろから車が来たら絶対どかん。前から来たらどうしよう。やっぱりどかんと思いながら登る。結局、前からも後ろからも来なかったので助かった。

坂を登りきった後、後ろからバイクのおっさんが来た。後ろでブイブイ言わせてプレッシャーをかけてくる。右側を通れるようにあけたのに中々抜かない。ふらつきながら走っているのに!!!!

抜きますよと声をかけてようやく抜いてくれた。

しゃべる暇があったら早よ抜け!

 

食料を冷蔵庫の中にしまい、部屋の片づけをする

パンやお菓子、イチゴを洗って目の前に置いてあげた

パンやイチゴに早速、手をつけていた。お腹空いていたのであろうか

お腹空いていると言ってくれたら、食事作ったのに。

冷蔵庫に入れた食料を説明して、実家を離れる。

 

舞子や垂水の高台を走る。

快適だ。愛徳学園の壁のような坂も苦にならない。

暫く、高台のアップダウンを走って桃山台から塩屋へ降りる。

塩屋の駅裏のややこしい道を通って2号線に入る。

楽に35kまで速度を上げて須磨の駅前を通過。

西台や大開を通って元町まで。

元気なので元町から異人館の山の手まで。そんなに苦にならない。

新神戸から2系統のバス道を走って六甲道まで。

高羽の交差点から御影へ。坂が全然苦にならない。

 

80Km 666mUP

坂は苦にならなかったけれど、登りやほとんど知らない道ばっかりなので

平均18kmh こんなものか。

f:id:road-suzu:20210515231936j:plain

本日のコース